レディースクリニック・美容皮膚科・美容外科・クリニックの開業・改装時の内装・設計・インテリアデザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Medical Design™ Clinic Branding & Produce. Tokyo,Osaka,Nagoya,Fukuoka & All Japan

美容クリニックのデザイン・内装・設計

tel:03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 [土曜·日曜·祝日は、休業]
平日 AM10:00~PM7:00迄

Beauty Clinic Design美容クリニックのデザイン・内装・設計

美容外科クリニック、皮膚科クリニックなど女性をターゲットにしたマーケティングが多様化する昨今、女性のもつ価値観に基づいた良質なイメージ戦略が重要になってきております。特に自由診療を中心とするクリニックでは、デザイナーズクリニックとしてのニーズが広がっております。
弊社の強みとしては、「医院コミュニケーション戦略」「医院プレミアム戦略」「医院ロイヤルティ戦略」の3つの軸を基本に、ブランドサポートをして医院の印象やイメージの向上に勤め、患者満足や、従業員満足度など、デザインの効果を追求しております。

1.審美的、意匠的イメージが重要な美容外科クリニック

美容外科の医院で、“知的さ”と“エレガント”を表現する方向性で、デザインのアプローチを行った、美容外科クリニック。
また、緊張感のある時間を少しでも和らげるよう、居住性の高い待合室を意識しております。
完全な個室と動線の配慮でプライバシーへの配慮は行いつつ、医療でありながらまた審美的、意匠的イメージがとても重要な科目に置いてデザインの役目は重要なものとなります。

2.都心部青山の一等地、美容皮膚科のクリニック

都心部青山の一等地の有名ビルの7階に位置する美容皮膚科のクリニック計画。ガラス張りの外壁面を有効的にエントランス、待合、エステルームと患者様が長く滞在する空間に使用し診察や受付などをコアに置いたプランは効率性と演出性に優れたプランと言えます。エントランス部の巨大な額縁ミラーには、大きなモニターが仕込まれ、院内の告知なども行なえる様になっており、普段はミラーとしてインテリアの一部に馴染んでいます。

3.素材の温度を配慮した美容クリニック

美容クリニックとして、個室の構成ではありますが、それぞれ造形や素材感での連続性や展開性をテーマにデザインを行い、隣接したそれぞれの空間を取り入れながら開放感や、空間のボリューム感に贅沢な雰囲気を感じるようデザインを意図しています。
硬質な素材と軟質な素材にはそれぞれ“素材の温度”や“素材の暖かさ”のようなものがあり、そういったこともターゲットである女性に配慮してレザー素材や樹脂などを使い設計を行っています。

4.院長の感性を空間で表現した美容外科クリニック

日々のライフワークで磨かれた繊細で大胆な発想、美しさや医療に対する尽きない情熱と探究心、言わば院長自身の感性を空間に取り入れる事をミッションとし、デザインを手がけた美容外科のクリニック。
ドクターのアトリエの様な美意識や知的欲求に促す様な表現をそれぞれ目指しました。
目に見える美しさの基本的要素を突き詰めるような作業をベースに、壁面の素材などな職人のアートワークを採用し、現場で試行錯誤しながらつくり出しました。

5.美白中心の皮膚科クリニックの計画

美白中心の皮膚科クリニックとしての計画ですが、比較的利用しやすい価格帯と充実した施述内容を両立しているクリニックの内装として、マテリアルに関しては、ワントーンでのコーディネートを行い、“グロス”と“マット”の変化による素材演出で、空間に柔らかさと、輝きを同時に演出できるよう意図しています。
パウダーコーナーや、処置室など個室には計画されては無いが、目線の計算や、素材感、ライティングの効果などで、上品な空間で患者様からも高評価を頂いております。