レディースクリニック・美容皮膚科・美容外科・クリニックの開業・改装時の内装・設計・インテリアデザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Medical Design™ Clinic Branding & Produce. Tokyo,Osaka,Nagoya,Fukuoka & All Japan

レディースクリニックのデザイン・内装・設計

tel:03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 [土曜·日曜·祝日は、休業]
平日 AM10:00~PM7:00迄

Ladies Clinic Designレディースクリニック(婦人科・産婦人科)のデザイン・内装・設計

近年の少子高齢化社会の影響により、妊娠出産年齢も高くなってきていることから、不妊治療・体外授精などの自由診療を行うレディースクリニック(婦人科・産婦人科)が増加しており、デザイナーズクリニックとしてのニーズが広がっております。
弊社の強みとしては、「医院コミュニケーション戦略」「医院プレミアム戦略」「医院ロイヤルティ戦略」の3つの軸を基本に、ブランドサポートをして医院の印象やイメージの向上に勤め、患者満足や、従業員満足度など、デザインの効果を追求しております。

また、培養室(ラボラトリー)を併設されるレディースクリニック様では、それぞれの専門分野の会社様・設備業者様と密に打合せを行い、作業効率の高いクリニック作りをお手伝いさせていただきます。

1.3階層の大型レディースクリニック

大きなパノラマウインドウを活かし、デイライトを基本にしたマテリアル構成を基軸に、優しく、柔らかな印象で、“素敵な日常”をデザインのメインミッションとし素材構成とライティングデザインをメインアプローチとして計画を行ったレディースクリニック。
三階層の培養室を併設した大型医院である為、縦動線と各階の平面計画などは各部署と多くの時間議論を行い最適化を行いました。機能性と居住性の高い位置での両立は医療空間での最も基本的な課題ですが、地型に対してスタッフと共に優先順位を再度見直す事がとても大事なデザインの作業となります。

2.動線分離で動線の最適化を計ったレディースクリニック

不妊治療を行うレディースクリニックでは、非常に多くの患者様が日々出入りし、患者様の待ち時間への環境対策としての居住性向上や、医師や医療スタッフのオペレーションを円滑にするための動線計画などが、重要な問題となります。
医療機関では多くの場合採用される、患者様と医療スタッフの動線分離を行うことでスタッフの動線を最短化し、且つ多様な機能の部屋に最大面積を持たせる為に通路の空間も最小化し効率的なプランを基本としています。

3.悪条件を活かしてデザインしたレディースクリニック

テナントの場合、天井高さや床面積に制限を抱えた物件が多数あります。
そのような場合でも、照明での演出やミラーを使用した映り込みや錯視の効果を使い、逆に豊かで個性ある良い空間にすることも可能です。
上品で落ち着きあるマテリアルと、無駄のないシンプルな造形で上品な空間を意図し、マジックの様に柱や梁の造形を消して演出を行った結果、何もないスケルトン状態の時よりも、広がりある、大きく感じられる空間が出来上がります。
様々な効果を計算し尽くしもたらした、まさにデザインの力です。

4.大きな窓を活かしたレディースクリニック

採光と廊下空間を最大限に効果的なプランにする為に、あえて“大きな部屋”としての待合室を配置せずに、地型最大限幅の移動空間兼待合室を採用し動線分離とコア構造のプランに計画しています。
空間の効率的な配置によりそれぞれゆったりした面積での計画を可能にし、また物件の好条件である大きな窓面を素直にクリニック全体の居住性向上やイメージ演出の中心に置くことで、過剰な演出では無い、ナチュラルで心地の良いイメージ構築を意図しました。

5.日本初、ママのための宿泊施設、産後ケアセンター

母乳授乳ケア×育児指導×美容をかねそろえた、日本初のママのための宿泊施設、産後ケアセンター。 デザイン開発上、ターゲットとなる顧客層が、“出産直後の女性”と比較的コアなターゲットだったのでブランディングや、デザインミッションは比較的、的を絞り易い面も有りましたが、出産時の顧客のご主人やご両親等の、家族満足度など配慮していくと非常に特殊なイメージ構築、デザインや設計への配慮が重要な事となりました。
また、かなり個性的な状況でのお仕事なので、CSのみならず、ES(従業員満足度)に対する配慮等も重視しました。顧客含め多くの女性の共感を得られるよう、マテリアルの色彩、質感に加え、触った時の温度等も検討しながらマテリアルを検討致しました。