レディースクリニック・美容皮膚科・美容外科・クリニックの開業・改装時の内装・設計・インテリアデザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Medical Design™ Clinic Branding & Produce. Tokyo,Osaka,Nagoya,Fukuoka & All Japan

メディカルデザインお客様の声

tel:03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 [土曜·日曜·祝日は、休業]
平日 AM10:00~PM7:00迄

Medical Talkメディカルデザインお客様の声

メディカルデザインをご利用頂いた、先生方とオジデザインワークス株式会社代表の橋本が、対談形式でインタビュー致しました。新規開業から、改装、移転など様々なクリニック事例の感想をご紹介致します。

Medical Talk

アカラクリニック 福田 真先生 ×オジデザインワークス 代表 橋本 亮介

ロゴからインテリアまで全て任せられる専門性の高いワンストップサービスが気に入り、全部任せてしまおう、というところでお会いしてすぐに決めました。

橋本オジデザインワークスを最初に知ったきっかけ、頼もうと思ったきっかけはどのような感じでしたでしょうか?

福田先生病院っぽくない一風変わった感じで、リラックスして落ち着ける雰囲気のクリニックを作ってもらいたいという思いで、クリニックのデザインをしている会社をインターネットで探しました。
オジデザインワークスさんのホームページにはたくさん事例が出ていて、デザインが素晴らしく、目を引いたのが初めのきっかけです。
実際、決定する前にもう1社候補がありましたが、オジデザインワークスさんは自分の思うようなクリニックを作ってくれそうだなというデザイン性の部分と、ロゴからインテリアまで全て任せられる専門性の高いワンストップサービスが気に入り、全部任せてしまおう、というところでお会いしてすぐに決めました。
もう一社の方は、「これはできるけど、これは他のところで・・・」といったように、こちらでやらないといけないことが結構あったので。

橋本なるほど。ありがとうございます。15年間、トータルに施設デザインをご提案するスタイルにこだわって来ましたので、嬉しい限りです。ただ、いいところだけではなく、初めに費用などネガティブな部分で何かご心配なことはありませんでしたか?

福田先生いいものを作るには時間と費用はかかると思っていたので、ある程度の範囲であれば、そこはケチらずにお願いしようと思っていました。

橋本 なるほど、そうですか。
先生の場合、開業前にこうありたいという明確な方向性は決められていたので、僕たちもスムーズにお仕事ができました。
僕たちの事例の中にも今までにないような病院ができたので、僕たちにとってもすごく嬉しいプロジェクトになりました。
デザインヒアリングから始まり、プランニングに進みますが、デザイン以外の費用の事や使い勝手の部分のお話が実は初めは多かったと思いますが、出来るまでのプロジェクトの流れはいかがでしたか?

福田先生デザインの事に関しては全てお任せしてたので、どんなのが出来るかなとただただ、待っていたという感じです。
実際運営していく上での使いやすさや動線を伝えるのがなかなか難しかったのですが、そのあたりも医療空間の設計を多く手がけられているので、お任せできました。

橋本プレゼンテーションは僕らにとっても大事なイベントなので、いつもすごく力を入れてやるのですが、その辺りはいかがでしたか?

福田先生スタッフみんなすごく楽しみにしていました。
ヒアリングの時に一度妻と会社にお邪魔しましたが、その時の事を「凄かったよ!」と話していたので、「どんな会社なんだ?!」とみんなとりあえず会社に来たがっていました(笑)
プレゼンテーションは、デザインもすごく良かったのですが、おもてなしされた感がすごくあったので良かったです。

「来るのが楽しみです」「来るだけで良くなります」と言ってくれる患者さんもいて、そういう風にしたいなと思って作ったので、期待通りになったなと思います。

橋本実際お引渡しの時に、出来上がったクリニックを見た印象はいかがでしたか?

福田先生CGで見てて、こんなのが出来るんだと楽しみにしていましたが、実際入るとそのままで、立体的でよりすごいなと思いました。
もともと、段差があったり、変なコンクリートの壁があったり、作りづらそうな地形でしたが、その原型を本当に上手く設計してあって、まったく制限を感じ無いような出来栄えでした。これは本当にすごいなと思いました。

橋本確かに躯体がかなり個性的な物件でしたね。その点は我々も地形のネガティブな要素を感じさせないように、プランはよく考えました。苦労はしましたが、良い出来栄えになって本当に良かったです。
ところで、先生もいろいろな病院で勤務されてきたかと思いますが、こういう環境を作ってみて、スタッフさん・患者さんの反応はいかがでしたか?

福田先生 それはすごくいいですね。患者さんはほとんどの方が「すごい!」「本当に綺麗ですね!」と言ってくれるし、「来るのが楽しみです」「来るだけで良くなります」と言ってくれる患者さんもいて、そういう風にしたいなと思って作ったので、期待通りになったなと思います。
働く人たちの環境という意味でも、これだけ綺麗なのでそれに見合う仕事をしようという意識になるのでいいと思います。
スタッフの働く意識も高くなると思っているし、働きたいと思って来てくれる人は今後、期待したいなと思っているところです。

橋本デザイン、イメージ戦略を採用して医院作りをしようという病院がそんなにまだ一般的ではないと思うのですが、やってみて実際良かったことはそのようなところでしょうか?

福田先生そうですね。あと自分自身も働いていてすごく楽しいという事があります。本当に満足しています。
橋本社長の人柄とか、雰囲気とか、格好良さがデザインに現れているので、それですべて任せていいんだなと思いました。
ネガティブなところもないです。

橋本恐縮です。ありがとうございます。
お店とか実態のあるところを設計させてもらうと、人が働く場所という事を考えると、コンセプトに従業員満足度を高めるためにインテリアデザインをするという考え方が間違いなくあります。
顧客満足度、患者さんの満足度と考えるとデザインだけではない事が多いのですが、やっぱり従業員の働く環境は大事だと思っているので、時代を考えても医療・介護で働く人はこれからどんどん増えると思うので、そのようなところに貢献出来る会社になっていこうという思いでやっているところはあります。

福田先生やっぱり従業員が女性が多いんですよね。うちも全員女性なんですけど、女性は特にそうですよね。綺麗なところで働きたいという思いが強いですよね。

お話をうかがった先生のご紹介

アカラクリニック

  • 内科
  • リウマチ科
  • 心療内科
  • 訪問診療

www.akala-clinic.jp

院長・医学博士福田 真先生(ふくだ しん)

プレゼンテーション時のイメージCG

完成写真

Medical Talk