レディースクリニック・美容皮膚科・美容外科・クリニックの開業・改装時の内装・設計・インテリアデザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Medical Design™ Clinic Branding & Produce. Tokyo,Osaka,Nagoya,Fukuoka & All Japan

ブランドを医院に採用を

tel:03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 [土曜·日曜·祝日は、休業]
平日 AM10:00~PM7:00迄

Brand Management

ブランディング導入の5つの強み

1.多くの生活者に認識され、安心して使ってもらえる。

「店構え」という言葉が有りますが、単に医院のファサードや、看板だけの問題ではなくなっております。近年ではネット上での、「店構え」であったり、医院に対して、興味・関心を持って頂く為に、大変有効な手法が、ブランディングという手法です。
消費者目線(患者目線)で見れば、商品やサービス、施設選びには「イメージ」(トーン&マナー)が、重要な時代ですので、保険診療中心のクリニックであれば、清潔で明るい親しみのあるイメージ、専門性をアピールするのであれば、技術や設備のアピールを踏まえた医院デザイン、女性ターゲットの美容クリニックであれば、品のある美意識に訴えかける医院創り、目的に合わせてデザインの方向性の検討と構築を行う事で、認識され易く、安心してご利用頂ける医院の構成が可能になり、マーケットやビジネスモデルに合った、トーン&マナーが、構築され、日々の業務もスムーズに行う事が出来ます。

2.商品やサービスを、価値を感じて使ってもらえる。

例えば、飲食店の内装や、メニュー、ユニフォームから、テーブルの大きさ高さ等、提供する内容によって大きく異なります。その違いは、保健所や国が定めた基準ではなく、「顧客満足度」の問題での業態変化です。
保険外の自由診療も、どの医院でも積極的に行う様になっている近年、患者様のニーズは、単に疾患に対しての治療のみではなく、願望治療の範囲へ広っています。 保険診療と比べると患者さんが、負担する治療費は大きく変わる為、患者目線では当然、その価値を理解していないとトラブルの原因となったり、その価値を理解出来ず、よい方法論でも受け入れられなかったり、他の価値を感じる医院に行ってしまったり、医院経営には非常に不利になる事が起こってしまいます。
また、施術や診断にも、保険診療の他に、保険外の自由診療領域の技術や設備の進化が進んでいる現代の医療業界では、その価値や必要性を説明し、生活者全体に、訴えかけ実際に利用して頂ける様な仕組みを構成する必要性が、重要視されています。

3.施設を、繰り返し使ってもらえる。

施設のトーン&マナーを、構成することで、第一に「知ってもらい」、第二に、「気持ちよく使ってもらい」第三に、「好きになってもらう」事に繋がります。 施設を好きになってもらう事が、クリニックにとってロイヤルティ戦略(顧客支持率の向上)としてはかなり有効な時代であり、業態であると考えております。各商品間の機能・性能の差が同じ場合や、病院の治療の様に、患者目線で、善し悪しが実感しにくい性質の医療業界では、患者さんは、イメージや印象が、施設や商品を選ぶ事が、重要な基準になっているのが現状だと思います。
生活者が、繰り返し使っている、施設というのは「雰囲気(トーン&マナー)」が気に入っている事が必要条件になっています。繰り返し通う業態であるクリニックでも、患者様との良好な関係を早い段階で構築したり、維持し続ける為に、重要な一経営戦略と考えております。

4.スタッフの雇用や、モチベーションアップになる。

デザインやブランドのイメージだけで、顧客満足度を上げる事は出来ません。大事なのは医院の総合力です。クリニックの業務上、医師の中心的業務は、「治療」「経営」です。それ以外の日々の業務は、スタッフの皆さんが行っております。そのスタッフが、モチベーションを上げて、医院に集まって来てくれるなら、患者満足度に大きな影響が出る事は間違い有りません。CS(顧客満足度)=ES(従業員満足度)と、間接的に貢献するものです。ESの向上は、単に給料等の条件の善し悪しだけでなく、労働環境の面でも重要な事ですし、人材募集が必要な時にも、イメージの力は、強い武器となる事は間違い有りません。また、患者さんとのオペレーション上でも、スタッフさんに力強い武器となる事でしょう。また多くの場合、先生方も一生の中で、自宅よりも長く過ごす環境ですので、大切なものと考えています。医院のMI(マインドアイデンティティー)とBI(ビヘイビアアイデンティティー)を、引き出す、VI(ビジュアルアイデンティティー)をしっかりと開発して、それぞれの医院に合った、ブランドを構築する事が医院の力になるブランド力です。

5.価格競争を排除する力が有る。

デザインの効果をお客様の業務効果として機能させる事を最優先事項として、デザインの開発を行っております。
ブランド構築の見地より、デザインコンサルを行い、より業態に役立つ感覚的価値の創造を行います。事業主様のマーケットやビジネスモデルに対して、デザインミッションを明確にし、豊富なデザイン表現によって、ブランドイメージの構築ご提案を行います。
また、事前相談から、プロジェクトの費用等のお見積のご提案には、費用はかかりませんので、オジデザインワークス東京本社にて、お打合わせ頂ければ、お気軽にご利用頂けます。