レディースクリニック・美容皮膚科・美容外科・クリニックの開業・改装時の内装・設計・インテリアデザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Medical Design™ Clinic Branding & Produce. Tokyo,Osaka,Nagoya,Fukuoka & All Japan

内科・皮膚科・眼科・耳鼻科のデザイン・内装・設計

tel:03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 [土曜·日曜·祝日は、休業]
平日 AM10:00~PM7:00迄

Clinic Design内科・皮膚科・眼科・耳鼻科のデザイン・内装・設計

日本の医療の中心である、保険治療をメインとした、内科・皮膚科・眼科・耳鼻科など、私たちが日常的に利用するクリニックは、「多くの人に利用していただく」、「繰り返し使っていただく」イメージ戦略が重要です。
弊社の強みとしては、「医院コミュニケーション戦略」「医院プレミアム戦略」「医院ロイヤルティ戦略」の3つの軸を基本に、ブランドサポートをして医院の印象やイメージの向上に勤め、患者満足や、従業員満足度など、デザインの効果を追求しております。

1.都心赤坂の一等地での計画、内視鏡クリニック

優れた医院には、優れた医療スタッフが必要です。医療施設のCI、ロゴマークや空間デザインなどは、近年そこで働く“ES”の為に有るといっても過言では無いと思います。医療スタッフが「この辺で働くなら、あのクリニックで働きたい!」と言われるイメージ構築こそが、クリニックのブランディングに必要な事であり、近年重要視され経営戦略として導入される意義だと感じています。ドクターやスタッフにとって誇らしく、お気に入りの医院は、患者様にとっても、良い医院になるのだと思います。

2.”院長先生”を引き立てるデザイン、眼科クリニック

商業的な見方をしてしまうと施設として、医院の最大の商品は、その医院の“院長先生”です。クリニックの内装も、ロゴマークも、外装も、全てのデザインやイメージは、“院長先生”を引き立てるものであり、院長先生やスタッフに似合っている事が大事です。患者様と医師や医療スタッフとのより良い関係を促す場としての魅力を構成する事がデザインを行う上でとても大事な目的と言えます。中目黒で長く地域に愛される医院と患者様の関係がデザインのコンセプトです。

3.内科・皮膚科、二人のドクターのクリニック

内科と皮膚科の二科目をメインに、二人のドクターが診察処置を行う医院の計画として、それぞれの患者様の待合室を分ける必要性と、共有化出来る内容の効率性を同時に実現すべく、両翼プランでの計画を行い、スペースの効率的な配置と動線の最適化を意図しました。
保険治療中心の医院では患者様の数は大変多く、一人一人が少しでも快適に多く待てるよう配慮し計画を行い、ナチュラルなイメージ構築と数字を使用した解りやすいサイン計画などをメインのデザインアプローチとしました。

4.シームレスな空間の耳鼻科クリニック

見せる事で患者心理に良い効果をもたらす事を意図し、乳半ガラスを使用し空間と患者様のプライバシーを保ちつつ、人の気配は感じられるようシームレスな空間を演出しています。患者様にお子様が多い医院ですが、母親(30代~40代女性)の家族満足度に訴えかけられる様、間接照明とベースライトのコントラストや、小物や備品によるインテリアコーディネートなどをメインに、クリニック全体のイメージ構成を行っています。